インドネシア人は親日だとは限らない!【歴史の表裏】

こんにちは!Yoshikiです!

僕は高校在学中にインドネシアの西スマトラのパダンに年間留学に行っていました。

そこでは優しい自慢のホストファミリーにも出会えて、今ではインドネシアは第二の故郷と言えるぐらいまで大好きになりました♪

↓良ければこちらもご覧ください!

【留学体験談】インドネシア・スマトラ島・パダン

一般的にインドネシアは親日国です。日本のアニメが大人気で、中でも「ドラえもん」は国民的人気アニメになっています。

コスプレ文化も広がっていて、AKB48の姉妹グループのJKT48もあります。

おかげでインドネシア人の友人と話していると話題がつきませんでした!みんな日本に興味を持ってくれているんです!ありがたいですよね。

しかし、親日なのは若者がメインで、お年寄りはそうじゃない方も一定数いらっしゃいました。

悲しい事実ですが、僕は嫌われて当然だと思っています。

ご存知の方も多いように、インドネシアは以前日本の植民地だったからです。

詳しくない方はYouTubeで見つけたこちらの動画で分かりやすくまとめているのでご覧ください!

インドネシアはオランダと日本の統治下を経験している国です。

こちらの動画ではなんだかハッピーエンドで終わっていますが、それはどうやら一部のようで、地方や田舎の方では最後の最後まで日本人が悪者になっています。

ネットにはどこをみてもインドネシアは親日だ〜 インドネシア人は日本人が大好き等としか書かれていないので、今回は僕の体験談も含めて、裏エピソードをみなさんにシェアしたいと思います。

※本当はインドネシア留学中に見聞きしたリアルな情報を書きたいのですが、Googleの規約上、一部の過激な表現が出来ないので、かなり遠回しの説明になっています。ご理解よろしくお願いいたします。

※ここから先、想像したくもないグ○テスクな話が出てきます。苦手な方や、お食事中の方は閲覧を辞めてください。

繊細な話なので言葉遣いには気をつけて書いていきます。よろしくお願いします。m(_ _)m
表に出回っていない裏エピソード
僕の留学中に、たくさんの反日のインドネシア人の方々に出会いました。
最初は辛いな・・。と感じていましたが、だんだんと別の考えになっていったんです。
以前に日本はたくさんの罪もないインドネシア人を虐○してしまっているからイメージが悪いのはしょうがない。むしろ、嫌がってでも僕がここにいる事を受け入れてくれてる事に感謝だよな・・と。
さっき参考までにと貼った動画では全く触れていませんでしたが、植民地中は酷い有様だったそうです。日本人は笑顔で虐○をして、女性にはどこでも◯的○行をして・・。インドネシア人は反抗すら出来なかったそう。反抗をしたら連帯責任でみんなに被害が及ぶから素直に従うしかなかったと言います。日本人として、話を聞いた時は申し訳なくて、申し訳なくて・・泣いてしまいました。
実は、ここまで詳しく知れたのはある80歳のおじいちゃんと出逢って当時の体験を僕に泣きながら教えてくれたからなんです。
今回はおじいちゃんが特別に告白してくれた体験を紹介させていただきます。
散歩をすると、どこか懐かしい気持ちになる。インドネシアの路上にて。

おじいちゃんの体験談
おじいちゃんはど田舎に住んでいました。その田舎にも突然日本兵が来たそう。オランダ植民地の時は素直にオランダ人の言うことを聞いて働けばとても優しかったと言います。食料まで分けてくれたそうなんです。
でも日本兵は違いました。
食料をあげるどころか、面白がって食料を捨てて、原住民への酷い○力を繰り返していたそう。
そのせいで、当時はこっそり育てていたサツマイモしか食べるものが無く、そのサツマイモも日本兵に見つかれば捨てられ・・・1週間に食べられたお米はたったの10粒・・。
もちろん肉なんかは食べられませんでした。
路上で日本兵に見つかれば虐○される事もあるので、住民は地面に大きな穴を掘って。毎日そこでじっと、隠れていたそうです。
目の前で家族や友人が日本兵に笑顔で○されるのを何度も見たと言っていました。
妹さんはおじいちゃんの目の前で日本兵にレ○○されて、その後にく○を切られて○害されたと泣きながら僕に伝えてくれました。
もう本当に酷いとかそういうレベルの話ではありません。

関連記事

表の情報と裏の情報
先ほどのドキュメント動画は表になっている話をわかりやすいようにまとめた動画であって、あちらも間違いではありません。
ですが、おじいちゃんの体験された酷い話も同じく真実です。
おじいちゃんは日本人にこの事を知って欲しいと言って、辛い過去を僕に教えてくれました。
なので今回ブログでこうして皆さんに読んでいただきたく、記事としてまとめました。
書いていて、何度も心が痛くなりましたが、同じような歴史を繰りかえさない為にも過去をしっかりと知っておく必要があると思います。
 
まとめ
そのおじいちゃんや、他のご高齢のインドネシア人の方々の心の中には、今もその辛い過去が消えずに残っています。僕達はインドネシアや、同じように植民地にされていた中国や香港に滞在するときには「ごめんなさい」という意識を持って、決して威張るような態度はとってはいけません。これからも腰を低くして、少しでも日本人のイメージアップができるように努めていきたいと思います。
 
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 842EBB3A-0CFC-4C1F-8842-EC1BC63BAB5A.jpeg です
当ブログ『手品夫婦』では様々な面白ネタを記事にしています!応援になるので是非ブックマーク、お気に入り登録をお願いします^ ^